逗子三兄弟

逗子三兄弟

神奈川県の湘南・逗子で生まれ育った長男・優己(ユウキ)/次男・大雅(タイガ)/三男・翔馬(ショウマ)からなる実の三兄弟シンガーソングライターユニット。
湘南という地域性とプロドラマーだった父親の影響で、幼い頃から音楽・海と隣り合わせの生活を送り、それぞれバンド活動や作曲家などのキャリアを経て、2009年にデビュー。

ユーミンやサザンオールスターズ等を中心に1970年代から1980年代にかけて流行した「ニュー・ミュージック」から強い影響を受け、湘南フレーバーなアコースティックと現代的なビートやシンセサイザーを基盤としたサウンドに、ノスタルジックな”懐メロ”を乗せて歌う音楽スタイルを確立。 それぞれの個性を活かしたヴォーカルパフォーマンス、そして実の兄弟ならではのハーモニーは絶品。
また作曲・作詞・編曲すべてを自身で手がけ、その卓越したソングライティングにおいては、他アーティストやクリエイター・コンポーザーなど、関係者も含め、各方面から高い評価を得ている。

2011年リリースからロングヒットを記録し、いまや現代のウェディングソングの定番となった『純白の花嫁』をはじめ、『父へ』や『家族レター』など”家族愛”を歌う楽曲も多く、家族へのリアリティー溢れるメッセージがたくさんの感動と共感を呼んでいる。

家族愛と地元愛を持って、現代の「ニュー・ミュージック」を生み出し続ける”次世代の湘南サウンドの継承者”、それが「逗子三兄弟」なのである。

オフィシャルサイト